セレーナゴメスが双極性障害と診断されたとインスタライブで告白

View this post on Instagram

Missing our nights creating and dancing..

A post shared by Selena Gomez (@selenagomez) on

セレーナゴメスが4月3日にマイリ―サイラスがインスタグラムで配信している「BrightMinded: Live With Miley」に出演し双極性障害と診断されたことを告白しました。

※「BrightMinded: Live With Miley」というのはロックダウンで自宅で過ごすようになったファンたちに向けてのトーク番組です。

双極性障害というのは簡単に言うと気分障害と呼ばれるものの一つでうつの状態とハイテンションの状態が交互になる病気でストレスが原因。20台から30代がかかりやすいとされています。

セレーナゴメスはマイリ―サイラスとこの番組でメンタルヘルスケアについて語り合い双極性障害についてはこう語っていました。

「私は最近アメリカで最高のメンタルヘルスの病院の1つ、マクリーン病院に行った。これまでたくさんあらゆることを経験してきて、それについて診察を受けたの。その結果、自分が双極性障害だとわかった。情報が増えればそれだけ助けになる。わかってしまえば怖くないわ。」

メンタルの病気や障害はまだまだ理解されない部分もあるけれど、誰にでも起こりうる事で偏見を持ったり差別することではないということをこのセレーナの発言によって広がってほしいですね。

それでは、最後まで見てくださってありがとうございました!

2020年トレンド春夏ファション6選!今年はこれが流行る?!

楽しみながら英語脳にする方法は?本当に上達する勉強法!

 

 

leaf

海外が好きな高校一年生です! 皆さんは海外や洋楽が好きですか?

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です